HOME

※介護保険制度の改正に伴い、2013年4月1日より「ホームヘルパー2級」は「介護職員初任者研修」という新しい資格制度に移行しました。確かな介護知識と技術を身につけることができる「介護サービスの入門的資格」と言われています。



高齢化社会が進む中、介護・福祉・医療分野の仕事は急増しており、今後もさらにニーズが高まると考えられます。


そして同時に、介護・福祉・医療に携わる仕事をするために必要不可欠な、介護資格、福祉資格、医療資格の人気も高まっていて、新しい資格も誕生しています。



介護・福祉・医療分野は、資格の業界といえます。



介護職員の求人のほとんどは、応募資格が「介護職員初任者研修」資格取得者となっているため、無資格での就職の可能性はかなり低いと考えられます。


しかも、持っている資格で仕事内容・収入が大きく変わってきます


つまり、介護・福祉・医療に携わる仕事をしたいと考えている方は、まず資格を取得することが必要になります。



「でも介護・福祉・医療分野の資格はたくさんあるし、どの資格を取得したらいいの?」って思いますよね。



介護・福祉・医療分野のおもな資格としては、介護職員初任者研修や実務者研修をはじめ、介護福祉士・介護支援専門員(ケアマネジャー)・医療事務・介護事務・福祉住環境コーディネーターなどがあります。



一般的には、まず「介護職員初任者研修」の資格を取得するところから始まります。なぜ最初に「介護職員初任者研修」なのか?


介護業界キャリアパスの第一歩となる資格未経験の方でも取得しやすい資格です。


最短で1か月、平均では3か月で取得できます。通信講座が充実しているので、仕事をしながら資格を取得することもできます。



取得後は、
介護職員初任者研修

実務者研修

介護福祉士

ケアマネジャー
と、キャリアアップしていくことができます。



当サイトでは、歯科助手や看護助手などの介護・福祉・医療分野の資格情報を詳細に紹介しています。


資格取得をめざしている方のお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする