医師事務作業補助者検定試験

医師事務作業補助者検定試験とは?
医師事務作業補助者検定試験は、
医師事務作業補助者としての知識とスキルを評価・証明する検定試験です。

病院勤務医の絶対数不足と過重労働が、この数年来大きな問題となっています。

医師事務作業補助者とは、
勤務医の負担を軽減すべく、主に医師が行っていた診断書や処方箋などの文書作成や検査予約などの医師事務作業をサポートするスタッフです。

※医師事務作業補助体制加算を算定する場合は、病院にて医師事務作業補助として配置後、6か月以内に32時間以上の研修等が必要と定められています。

※医師事務作業補助者検定試験は研修の代替にはなりません。

資格取得方法
年3回実施される「医師事務作業補助者検定試験」を受験し合格すれば、「ドクターズオフィスワークアシスト」の認定合格証が交付されます。

スポンサーリンク

受験資格
受験資格は問いません。

試験内容・出題範囲・試験時間
■試験内容
・学科試験:選択問題、記述問題
・実技試験:文章作成(カルテから診断書や処せん等を作成する問題)

※試験は現在使用されている医療保険制度に基づいて実施します。
※学科・実技とも資料や計算機などを参考にして答案作成が認められています。
※筆記用具は黒ペンか黒ボールペンまたはHBの鉛筆を使用します。

■出題範囲
医師の事務作業を補佐するために必要な知識。

・医師事務作業補助者とは
・医療関連法規
・医療保険法規
・医療保険制度
・介護保険制度の概要
・個人情報保護
・電子カルテシステム
・医療機関の安全管理
・院内感染予防
・医学・薬の基本知識
・診療録の記載事項・院内帳票・各種診断書・証明書・申請書作成 など

■試験時間
実技・学科あわせて2時間

合格基準
学科試験・実技試験、各分野で50%以上の得点をし、かつ、合計で70%以上の得点

※実技・学科ともに合格基準に達した場合に合格と判定します。

試験日
1月、5月、9月の第4土曜日(年3回実施)

・1月度:2016年1月23日(土)
・5月度:2016年5月28日(土)
・9月度:2016年9月24日(土)

受付開始日・申し込み受付期間
■5月度
・受付開始日:3月1日(火)
・申し込み受付期間:コンビニ端末4月30日(土)、インターネット4月25日(月)、申請書4月25日(月)まで(必着)

■9月度
・受付開始日:7月1日(金)
・申し込み受付期間:コンビニ端末8月31日(水)、インターネット8月25日(木)、申請書8月31日(水)まで(必着)

結果の通知
合否の結果は試験実施後1か月以内に文書にて通知します。
合格者には「ドクターズオフィスワークアシスト」の認定合格証が交付されます。

試験会場
ソラスト教育サービスの指定会場、受験申請のあった専門学校、各種学校等

受験料
6,700円(税込)

合格率
医師事務作業補助者検定試験 合格率 ※過去1年分の試験実績

・48.0% (2016/01:受験者数 277人)
・45.5% (2015/09:受験者数 451人)
・60.9% (2015/05:受験者数 366人)

お問い合わせ
技能認定振興協会
〒101-8638
東京都千代田区神田佐久間町3-2 ソラスト秋葉原ビル2階
TEL:03-3864-3559
FAX:03-3864-5112

関連ページ
医師事務作業補助者
医師事務作業補助者の講座・スクール情報
医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)
医師事務作業補助者検定試験
医師事務作業補助者実務能力認定試験

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました