アロマテラピー検定とは

HOME > アロマテラピー > アロマテラピー検定とは

アロマテラピー検定は、美容と健康増進のために生み出された自然療法、アロマテラピーの理解度を測る検定試験です。(アロマテラピー検定は終身資格です)

アロマテラピーとは、フランスで生まれたとされる植物療法で、植物の精油(エッセンシャルオイル)を用いて、リラクゼーションやリフレッシュに役立て、香りの効用を楽しむものです。

医療や介護の現場でも香りの効用を取り入れはじめたりと、アロマテラピーがますます広がりをみせています。

アロマテラピー検定とは?

公益社団法人 日本アロマ環境協会が実施する、アロマテラピーを自分自身や家族、友人などの周りの人と楽しみ、健康維持のために用いる知識について問う検定試験です。

アロマテラピー検定は、2級と1級があり、毎年5月と11月に、全国各地(34都市)の会場で実施されています。年齢・経験等の制限はなく、どなたでも、1級からでも受験可能です。

こんな方が受験しています。

・美容と健康に役立てたい
・家族の体調管理をしたい
・アロマを仕事に活かしたい

関連ページ第38回アロマテラピー検定

アロマテラピー検定の特長・ポイント

(1) 累計受験者数41万人突破の人気資格(2016年度、AEAJ調べ)

(2) アロマテラピーでは国内唯一の公益社団法人が認定する民間資格。アロマテラピーを安全に楽しむための基礎知識が身につきます。

(3) どなたでも受験可能。10代から70代まで、幅広い年齢層の方が受験されています。

(4) 合格率は約90%。試験問題は「アロマテラピー検定公式テキスト」から出題されます。独学でも受験可能です。

アロマテラピー検定1級に合格すると

アロマテラピー検定1級
     ↓
AEAJに入会し、アロマテラピーアドバイザー認定講習会を受講
     ↓
アロマテラピーアドバイザー
     ↓
認定スクールで所定の科目を受講
     ↓
アロマテラピーインストラクター
アロマセラピスト

と、各種プロフェッショナルな資格取得にステップアップできます。

1級合格者の多数がアドバイザーを取得し、さらに上位資格をめざしています。

関連ページアロマテラピー検定をとるには

アロマテラピー検定の受験者データ

累計受験者数

累計受験者数41万人突破の人気資格(2016年度:419,708人)です
2017年度には43万人以上になると予想されます。

受験者数(年度別)

最多受験者数は2011年度の33,597人
2011年度をピークに減少傾向にありますが、今後は20,000人前後の受験者数で推移していくと予想されます。

受験の動機

・アロマテラピーの知識を深めるため:89%
・仕事のスキルアップのため:27%
・家族や知人とのコミュニケーションのため:22%

受験者の業種

・医療関連:13%
・理美容・エステ関連:7%
・福祉関連:7%

医療や介護の現場でもアロマテラピー(香りの効用)を取り入れはじめたため、医療・福祉関連の受験者が増加しています。

勉強時間

合格までの勉強時間は3か月程度。(1~12か月)

勉強方法は、独学、通学(スクール)、通信(通信教育)があります。

アロマテラピー検定は独学でも取得可能

試験問題は、公益社団法人 日本アロマ環境協会から出版されている「アロマテラピー検定 公式テキスト」から出題されます。

公式テキストには、検定対象となる全ての内容が盛り込まれています。
ワークブックや試験例題も掲載しており、独学でも受験可能です。

単に試験対策用だけでなく、幅広くアロマテラピーを学ぶための教材としても大いに活用できます。

公式テキスト+実際の香りの勉強用に精油のキットなどを揃えれば、独学で取得することが可能です。

幅広い知識を得るために、また今後の資格を見据えて認定スクールへ通う方もいらっしゃいます。

関連ページアロマテラピー検定をめざせる大学・短期大学を探す
関連ページアロマテラピー検定をめざせる専門学校を探す

アロマテラピー関連ページ

スポンサーリンク

HOME > アロマテラピー > アロマテラピー検定とは

シェアする

フォローする