言語聴覚士国家試験の合格率・合格点(合格基準)など【第21回】

スポンサーリンク

言語聴覚士国家試験は、2月中旬の土曜日に東京都・大阪府など全国6都道府県で実施されます。

国家試験実施に関する事務は、公益財団法人 医療研修推進財団が行います。

試験形式は5肢択一式の筆記試験(マークシート)で問題数は200問。

合格発表は3月下旬。

言語聴覚士国家試験に合格し、免許申請・登録することにより「言語聴覚士」になることができます。

 
第1回~第21回言語聴覚士国家試験の合格率・合格者数・受験者数、合格率の推移、第21回言語聴覚士国家試験の合格点(合格基準)などを詳細に掲載しています。

言語聴覚士をめざせる学校を探してみよう

スタディサプリ進路で学校を探す
マイナビ進学で学校を探す

言語聴覚士国家試験の合格率(第1回~第21回)

試験回数受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
第1回4,5564,00387.9
第2回1,56566442.4
第3回1,90893649.1
第4回2,1131,13753.8
第5回2,4471,02742.0
第6回1,6581,13068.2
第7回1,8121,01255.8
第8回2,2261,38962.4
第9回2,3231,26654.5
第10回2,5741,78869.5
第11回2,3471,34457.3
第12回2,4981,61964.8
第13回2,3741,64569.3
第14回2,2631,41362.4
第15回2,3811,62168.1
第16回2,4011,77974.1
第17回2,5061,77670.9
第18回2,5531,72567.6
第19回2,5711,95175.9
第20回2,5312,00879.3
第21回2,3671,63068.9
合計49,97432,863

第1回~第21回の平均合格率は65.8%

言語聴覚士国家試験の合格率の推移

言語聴覚士国家試験の合格率の推移(第1回~第21回)

  • 受験者数は2,367人と前回に比べ164人減少した。
  • 合格者数は1,630人と前回に比べ378人減少した。

言語聴覚士国家試験の合格基準【第21回】

平成31年2月16日(土曜日)に実施された第21回言語聴覚士国家試験の合格基準です。
合格発表は平成31年3月26日(火曜日)でした。

配点を1問1点、合計200点満点とし、120点以上を合格とする。

総得点:120点以上 / 200点

【第21回言語聴覚士国家試験における採点除外等の取扱いをした問題について】

「午後問題 第4問」は、正解となる選択肢が複数あったため、複数の肢を正解として採点しています。

言語聴覚士をめざせる学校を探してみよう

スタディサプリ進路で学校を探す
マイナビ進学で学校を探す

タイトルとURLをコピーしました