手話通訳士

手話通訳士とは?
手話の通訳では、話し言葉と手話の内容を的確に理解し、分かりやすく置き換えることが大切なため、公正な判断能力や高い国語能力、豊かな表現力、幅広い知識、深い洞察力が必要になります。

これらの能力を持っていることを証明するのが、手話通訳士の資格です。
手話通訳士は、公共施設や自治体、民間企業などでのニーズが高まりつつあります。

将来性
障害者の社会進出にも関わらず手話通訳士が不足しているためにニーズは拡大しています。

2003年度から始まった「新障害者プラン」を受け、今後さらに活躍の場が広がっていくことが予想されます。

スポンサーリンク

就職先
手話通訳士は、近年になって社会における理解が進み、就職先が多様化するとともに、正規職員としての採用も増えてきています。

・地方公共団体
・社会福祉協議会
・聴覚障害者情報提供施設
・ろうあ老人ホーム
・重複障害者施設
・ろう者団体
・障害者団体
・ろう者を多数採用する企業
・ろう者にサービスを提供する企業
・ろう学校(特別支援学校)
・高等教育機関の障害学生支援室 など

資格取得方法
社会福祉法人 聴力障害者情報文化センターが年1回実施する手話通訳技能認定試験(学科試験+実技試験)を受験し、取得します。

受験資格
20歳(受験日の属する年度末(平成29年3月31日)までに20歳に達する者を含む)以上の者。

試験科目および出題数

学科試験科目(四肢択一方式) 出題数
障害者福祉の基礎知識 20問
聴覚障害者に関する基礎知識 20問
手話通訳のあり方 20問
国語 20問
実技試験科目 出題数
読取り通訳(手話による出題を音声で解答) 2問
聞取り通訳(音声による出題を手話で解答) 2問

試験日
年1回の実施(10月上旬の連続する2日間)

第28回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)
・学科試験:平成28年10月1日(土)
・実技試験:平成28年10月2日(日)

■学科試験:平成28年10月1日(土)
・13時00分~14時30分
   障害者福祉の基礎知識
   聴覚障害者に関する基礎知識

・15時00分~16時30分
   手話通訳のあり方
   国語

※12時30分からオリエンテーションを行います。

■実技試験:平成28年10月2日(日)
・試験時間は受験者に別途通知します
   聞取り通訳(音声による出題を手話で解答)
   読取り通訳(手話による出題を音声で解答)

※学科試験受験者および学科試験を免除される者が実技試験を受験できます。

学科試験の免除
第27回手話通訳技能認定試験(手話通訳士試験)の結果通知に「学科試験については合格基準を満たしておりました」と記載されている者については、申請により学科試験が免除されます。

試験地
東京、大阪、熊本で実施します。

※学科・実技共に各試験地の同一会場で行います。

東京 学科・実技試験共通 日本社会事業大学 清瀬キャンパス
東京都清瀬市竹丘3-1-30
大阪 学科・実技試験共通 パナソニック株式会社 人材開発カンパニー
大阪府枚方市菊丘南町2-10
熊本 学科・実技試験共通 くまもと県民交流館 パレア
熊本県熊本市中央区手取本町8-9 テトリアくまもとビル9・10階

受験申込受付期間
平成28年5月10日(火) ~ 平成28年6月15日(水)

当日消印有効、簡易書留郵便のみ受付です。

※学科試験免除対象者も、上記期間内に学科試験免除申請手続きおよび受験申込手続きを行ってください。

受験手数料
18,000円

合格発表日
平成29年1月31日(火)

発表方法:受験者へ郵送およびセンターウェブページへの掲示

合格率

試験 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
第23回 920 182 19.8
第24回 948 105 11.1
第25回 929 190 20.5
第26回 956 106 11.1
第27回 1,076 23 2.1

※過去の手話通訳士試験 合格率はこちらから

学習方法
地方自治体の通訳者養成を目的とした手話講習会、専門学校・高等教育機関等の養成校で、手話通訳士になるための知識や技術を学びます。

講座・スクール情報
手話の講座・スクール情報の詳細はこちらから

お問い合わせ
社会福祉法人 聴力障害者情報文化センター
〒153-0053
東京都目黒区五本木1-8-3
TEL:03-6833-5003(公益支援部門 手話通訳士の認定試験・登録に関すること)
FAX:03-6833-5000

関連ページ
手話
手話の講座・スクール情報
手話技能検定
手話通訳士
手話通訳士試験 合格率

スポンサーリンク

シェアする

フォローする