歯科衛生士

歯科衛生士国家試験の合格率【2020】

歯科衛生士国家試験は、3月上旬の日曜日に千葉県・大阪府など全国10道府県で実施されます。

試験形式はマークシートによる多肢選択方式で問題数は220問。

合格発表は3月下旬。

歯科衛生士国家試験に合格し、申請・登録することにより「歯科衛生士」免許証が交付されます。

 
当記事では、第11回~第29回の歯科衛生士国家試験の合格率・合格者数・受験者数、合格率の推移(2軸グラフ)を掲載しています。

スポンサーリンク

歯科衛生士国家試験の合格率【第11回~第29回】

回数合格率(%)受験者数(人)合格者数(人)
第11回96.56,9106,671
第12回97.66,8386,672
第13回97.96,8246,680
第14回95.96,7436,467
第15回95.97,3127,012
第16回93.87,0406,605
第17回96.06,3616,103
第18回95.36,0385,757
第19回97.25,9295,761
第20回96.55,7885,585
第21回95.83,6613,507
第22回96.26,0645,832
第23回97.16,6856,492
第24回95.96,7536,475
第25回96.07,2336,944
第26回93.37,2186,737
第27回96.17,3747,087
第28回96.27,2076,934
第29回94.37,2166,808

第11回~第29回の平均合格率は96.0%

歯科衛生士国家試験の合格率の推移

歯科衛生士国家試験の合格率の推移(第11回~第29回)

  • 受験者数は7,216人と前回に比べ9人増加した。
  • 合格者数は6,808人と前回に比べ126人減少した。

 

タイトルとURLをコピーしました