工業・設備・溶接

二級ボイラー技士の合格率

ボイラー技士とはビル・病院・工場などのボイラー設備を管理する専門家です。

ボイラー技士資格は二級・一級・特級の3種類に分かれており、免許は無期限有効です。

 
平成17年度(2005年度)~平成30年度(2018年度)の二級ボイラー技士の合格率・受験者数・合格者数、合格率の推移(2軸グラフ)を詳細に掲載しています。

スポンサーリンク

二級ボイラー技士の合格率

年度受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
平成17年度
(2005年度)
37,34617,87747.9
平成18年度
(2006年度)
35,33617,52849.6
平成19年度
(2007年度)
33,97417,36851.1
平成20年度
(2008年度)
34,16317,52251.3
平成21年度
(2009年度)
36,69419,34952.7
平成22年度
(2010年度)
35,25818,02851.1
平成23年度
(2011年度)
33,43816,43349.1
平成24年度
(2012年度)
34,53818,53353.7
平成25年度
(2013年度)
32,63418,92758.0
平成26年度
(2014年度)
29,96517,05656.9
平成27年度
(2015年度)
28,06016,93560.4
平成28年度
(2016年度)
27,21115,91958.5
平成29年度
(2017年度)
27,39315,60957.0
平成30年度
(2018年度)
25,601
(10,274)
14,297
(5,377)
55.8
(52.3)

※受験者数・合格者数・合格率の( )は、出張試験によるもので内数である。

平成17年度(2005年度)~平成30年度(2018年度)の平均合格率は53.4%

二級ボイラー技士の合格率の推移

二級ボイラー技士の合格率の推移(平成17年度~平成30年度)

  • 受験者数は25,601人と前年度に比べ1,792人減少した。
  • 合格者数は14,297人と前年度に比べ1,312人減少した。

 

タイトルとURLをコピーしました