歯科助手

歯科助手とは?
歯科助手は、歯科医師のアシスタントとして施術をサポートする仕事です。

基本的な仕事内容は、
・受付業務:電話応対、初診患者さんの保険証確認と診察券の発行、カルテの作成、会計業務、予約受付など

・事務関連業務:電話応対、カルテ内容の入力管理、レセプト業務など

・診療室内の管理業務:治療器具の準備・片付け・洗浄・消毒、清掃など

・診療介助:治療器具の受け渡し、ライト調整、バキューム操作、セメントの練和、印象材練和、石膏注ぎなど
で、患者の口に触れる治療行為以外の業務全般を行います。

患者様と直接コミュニケーションをとる機会が多く、「クリニックの顔」として頼りにされるお仕事です。

将来性
矯正や審美歯科への関心が高まるにつれ、歯科医院の件数も急増しています。
それに比例するように、歯科助手の求人数も増加しています。

歯科助手の仕事は安定したニーズがあり、今後も人材が必要とされるため、一度歯科助手の知識・技術を身につけておけば将来に渡って役に立つでしょう。

スポンサーリンク

就職先
歯科医療を行っている医院、病院など

(1)歯科医院は日本全国どこにでもあり、その数は68,836とコンビニエンスストアの数(52,397)を超えています。全国に活躍の場があるので、自宅の近所で職場を見つけやすいうえ、転勤などで引っ越しても仕事に困ることはなく、結婚後・出産後も働くことができるのが魅力です。

(2)歯科助手の勤務形態は正社員・派遣社員・パート・アルバイトなど、選択肢が多く、年齢制限がないのも特徴です。

(3)毎日フルタイムで働きたい人、育児中なので時間を限定して働きたい人など、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことができるところも人気の秘密となっています。

資格取得方法
歯科助手の仕事をするのに特に資格は必要ありません。
しかし、現場では歯科医療に関する専門用語が飛び交う専門知識を必要とする職場ですので、各認定団体が主催する講座を受講し、認定資格を取得すると就職に有利です。

主な歯科助手関連の資格はこちらになります。

・技能認定振興協会:医療事務管理士技能認定試験(医療事務管理士 歯科)
・一般財団法人 日本能力開発推進協会:歯科助手資格
・一般財団法人 日本医療教育財団:歯科助手技能認定

受験・受講資格
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

試験・講座内容
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

試験・受講日
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

開催地・試験地
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

受験料・講座費用
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

合格率

学習方法
事前に歯科医療について勉強することが大切です。
専門学校や通信講座、書店で参考書を購入して学ぶなどの学習方法があります。

講座・スクール情報
歯科助手の講座・スクール情報の詳細はこちらから

お問い合わせ
・技能認定振興協会(歯科 医療事務管理士)
〒101-8638
東京都千代田区神田佐久間町3-2 秋葉原ビル2F
TEL:03-3864-3559

・一般財団法人 日本能力開発推進協会(歯科助手資格)
〒104-0061
東京都中央区銀座7丁目12番6号 田丸屋ビル4階
TEL:03-3541-1331

・一般財団法人 日本医療教育財団(歯科助手技能認定)
〒101-0064
東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624
FAX:03-3294-1787

関連ページ
歯科助手
歯科助手の講座・スクール情報
医療事務管理士技能認定試験(医療事務管理士 歯科)
歯科助手資格
歯科助手技能認定

スポンサーリンク

シェアする

フォローする