介護福祉士国家試験 合格率

受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
第1回 11,973 2,782 23.2
第2回 9,868 3,664 37.1
第3回 9,516 4,498 47.3
第4回 9,987 5,379 53.9
第5回 11,628 6,402 55.1
第6回 13,402 7,041 52.5
第7回 14,982 7,845 52.4
第8回 18,544 9,450 51.0
第9回 23,977 12,163 50.7
第10回 31,567 15,819 50.1
第11回 41,325 20,758 50.2
第12回 55,853 26,973 48.3
第13回 58,517 26,862 45.9
第14回 59,943 24,845 41.4
第15回 67,363 32,319 48.0
第16回 81,008 39,938 49.3
第17回 90,602 38,576 42.6
第18回 130,034 60,910 46.8
第19回 145,946 73,606 50.4
第20回 142,765 73,302 51.3
第21回 130,830 67,993 52.0
第22回 153,811 77,251 50.2
第23回 154,223 74,432 48.3
第24回 137,961 88,190 63.9
第25回 136,375 87,797 64.4
第26回 154,390 99,689 64.6
第27回 153,808 93,760 61.0
第28回 152,573 88,300 57.9

介護福祉士国家試験の受験者・合格者の推移
・受験者数は152,573人と前回に比べ1,235人減少した。

・合格者数は88,300人と前回に比べ5,460人減少した。

スポンサーリンク

合格基準
第28回介護福祉士国家試験の合格基準

■筆記試験の合格基準
次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

ア 総得点120点に対し、得点71点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)

イ アを満たした者のうち、以下の「10科目群」すべてにおいて得点があった者。

(1) 人間の尊厳と自立、介護の基本
(2) 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
(3) 社会の理解
(4) 生活支援技術
(5) 介護過程
(6) 発達と老化の理解
(7) 認知症の理解
(8) 障害の理解
(9) こころとからだのしくみ
(10) 総合問題


■実技試験の合格基準
筆記試験の合格者のうち、次の条件を満たした者を実技試験の合格者とする。

総得点100点に対し、得点46.67点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、課題の難易度で補正した。)



関連ページ
介護福祉士
介護福祉士の講座・スクール情報
介護福祉士国家試験 合格率

スポンサーリンク

シェアする

フォローする