介護福祉士国家試験 合格率

受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
第1回11,9732,78223.2
第2回9,8683,66437.1
第3回9,5164,49847.3
第4回9,9875,37953.9
第5回11,6286,40255.1
第6回13,4027,04152.5
第7回14,9827,84552.4
第8回18,5449,45051.0
第9回23,97712,16350.7
第10回31,56715,81950.1
第11回41,32520,75850.2
第12回55,85326,97348.3
第13回58,51726,86245.9
第14回59,94324,84541.4
第15回67,36332,31948.0
第16回81,00839,93849.3
第17回90,60238,57642.6
第18回130,03460,91046.8
第19回145,94673,60650.4
第20回142,76573,30251.3
第21回130,83067,99352.0
第22回153,81177,25150.2
第23回154,22374,43248.3
第24回137,96188,19063.9
第25回136,37587,79764.4
第26回154,39099,68964.6
第27回153,80893,76061.0
第28回152,57388,30057.9

介護福祉士国家試験の受験者・合格者の推移
・受験者数は152,573人と前回に比べ1,235人減少した。

・合格者数は88,300人と前回に比べ5,460人減少した。

スポンサーリンク

合格基準
第28回介護福祉士国家試験の合格基準

■筆記試験の合格基準
次の2つの条件を満たした者を筆記試験の合格者とする。

ア 総得点120点に対し、得点71点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)

イ アを満たした者のうち、以下の「10科目群」すべてにおいて得点があった者。

(1) 人間の尊厳と自立、介護の基本
(2) 人間関係とコミュニケーション、コミュニケーション技術
(3) 社会の理解
(4) 生活支援技術
(5) 介護過程
(6) 発達と老化の理解
(7) 認知症の理解
(8) 障害の理解
(9) こころとからだのしくみ
(10) 総合問題

 
■実技試験の合格基準
筆記試験の合格者のうち、次の条件を満たした者を実技試験の合格者とする。

総得点100点に対し、得点46.67点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、課題の難易度で補正した。)

 
 
関連ページ
介護福祉士
介護福祉士の講座・スクール情報
介護福祉士国家試験 合格率

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました