看護助手

看護助手とは?
看護助手の仕事は、看護師が行う医療行為以外の業務をサポートする仕事です。

・食事介助
・環境整備(ベッドのシーツ交換、リネンの管理)
・移動・移乗介助(車いすの介助、検査の際の移動のお世話)
・整容・保清介助
・入浴介助
・排泄介助
など、患者さんの身の回りのお世話が看護助手の主な業務となります。

基本的に看護師の指示を受けて業務を行います。

小さなクリニックなどでは、電話応対、院内の清掃や片付けなどを行う場合もあります。
また勤務先によっては夜勤業務を行うこともあります。

病院の中でいちばん身近な存在である看護助手は、感謝されることの多い働き甲斐のある仕事です。

将来性
看護助手の人数は年々増加傾向。
カルテの電子化などは進んでいますが、患者さんの身の回りのお世話をする看護助手の仕事は、機械などに置き換わることはありません。

看護助手は、看護師が慢性的に不足している現代社会において、とても大きな意味を持つ重要な存在です。
病院でいま最も求められている仕事です。

看護助手は、将来にわたってニーズの安定的なお仕事です。

※平成22年より診療報酬に看護補助者体制加算が加わり、医療従事者としての看護助手のポジションや役割が明確になるとともに、病院側からの看護助手の求人ニーズは高まりを見せています。

スポンサーリンク

就職先
病院や訪問看護ステーションなどの医療・福祉機関。
大きな総合病院からクリニックのような診療所などの医療施設まで看護助手の活躍できる場所は様々です。

資格取得方法
看護助手は資格がなくても出来る職業ですが、関連講座の受講証明書を持っていたり、検定資格に合格していれば、就職活動時に有利になるだけでなく、実際の業務にも役立ちます。

各団体によりさまざまな資格があります。
スクールの講座を受講して修了証書をもらったり、認定試験を受験して取得します。

主な看護助手関連の資格はこちらになります。

・全国医療福祉教育協会:看護助手実務能力認定試験
・特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会:メディカルケアワーカー(看護助手)検定試験

受験・受講資格
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

試験・講座内容
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

試験・受講日
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

開催地・試験地
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

受験料・講座費用
各学校(スクール)、各民間団体によりさまざまです。

合格率

学習方法
各学校(スクール)、各民間団体で看護助手関連講座を受講し、看護助手になるために必要な知識や技術を学びます。

講座・スクール情報
看護助手の講座・スクール情報の詳細はこちらから

お問い合わせ
・全国医療福祉教育協会(看護助手実務能力認定試験)
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-8-10 オークラヤビル2階
TEL:03-5925-6548
FAX:03-6692-3431

・特定非営利活動法人 医療福祉情報実務能力協会(メディカルケアワーカー(看護助手)検定試験)
〒160-0023
東京都新宿区西新宿3-2-27 オーチュー第7ビル4F
TEL:03-5326-7784
FAX:03-5326-7786

関連ページ
看護助手
看護助手の講座・スクール情報
看護助手実務能力認定試験
メディカルケアワーカー(看護助手)検定試験

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました