臨床工学技士国家試験の合格率・合格基準・合格率の推移など

臨床工学技士は医学的・工学的知識を活かし、医療の重要な一翼を担う専門技術者です。

具体的には、病院などで医師の指示に従って、人工心肺装置、人工呼吸器、血液透析装置などの生命維持管理装置の操作および保守点検を行います。

 
当記事では、

  • 臨床工学技士国家試験の合格率・合格者数・受験者数(第11回~第32回)
  • 臨床工学技士国家試験の合格率・受験者数・合格者数の推移(2軸グラフ)
  • 第32回臨床工学技士国家試験の合格基準

を詳細に掲載しています。

スポンサーリンク

臨床工学技士国家試験の合格率(第11回~第32回)

実施回受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
第11回97072574.7
第12回1,01564063.1
第13回1,18391777.5
第14回1,18193679.3
第15回1,2801,07083.6
第16回1,3161,12185.2
第17回1,3521,18387.5
第18回1,5841,34384.8
第19回1,7271,44683.7
第20回1,8851,60184.9
第21回1,8161,51083.1
第22回1,9291,53379.5
第23回1,9111,55581.4
第24回1,8821,44776.9
第25回2,0861,57475.5
第26回2,3611,77975.3
第27回2,7842,19578.8
第28回2,8482,37083.2
第29回2,7391,98772.5
第30回2,9472,41381.9
第31回2,7372,01773.7
第32回2,8282,19377.5

第11回~第32回の平均合格率は79.3%

ここ数年における臨床工学技士国家試験の合格率は、およそ80%前後で推移しています。

臨床工学技士国家試験の合格率の推移(2軸グラフ)

臨床工学技士国家試験の合格率の推移

  • 受験者数は2,828人と前回に比べ91人増加した。
  • 合格者数は2,193人と前回に比べ176人増加した。

第32回臨床工学技士国家試験の合格基準

配点を1問1点、合計180点満点とし、108点以上を合格とする。正答率60%

総得点:108点以上 / 180点

タイトルとURLをコピーしました