精神保健福祉士国家試験 合格率

回数 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
第1回 4,866 4,338 89.1
第2回 3,535 2,586 73.1
第3回 4,282 2,704 63.1
第4回 5,480 3,415 62.3
第5回 9,039 5,670 62.7
第6回 5,831 3,589 61.6
第7回 6,711 4,111 61.3
第8回 7,289 4,470 61.3
第9回 7,434 4,482 60.3
第10回 7,375 4,456 60.4
第11回 7,186 4,434 61.7
第12回 7,085 4,488 63.3
第13回 7,233 4,219 58.3
第14回 7,770 4,865 62.6
第15回 7,144 4,062 56.9
第16回 7,119 4,149 58.3
第17回 7,183 4,402 61.3
第18回 7,173 4,417 61.6
累計 119,735 74,986 62.6

精神保健福祉士国家試験の受験者・合格者の推移
・受験者数は7,173人と前回に比べ10人減少した。

・合格者数は4,417人と前回に比べ15人増加した。

スポンサーリンク

合格基準
第18回精神保健福祉士国家試験 合格基準

次の2つの条件を満たした者を合格者とする。

(1) ア 総得点163点に対し、得点86点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)

   イ 試験科目の一部免除を受けた受験者
    (精神保健福祉士法施行規則第6条)
総得点80点に対し、得点42点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)


(2) (1)のアまたはイを満たした者のうち、(1)のアに該当する者にあっては[1]から[16]の16科目群、イに該当する者にあっては[1]から[5]の5科目群すべてにおいて得点があった者。

[1] 精神疾患とその治療
[2] 精神保健の課題と支援
[3] 精神保健福祉相談援助の基盤
[4] 精神保健福祉の理論と相談援助の展開
[5] 精神保健福祉に関する制度とサービス、精神障害者の生活支援システム
[6] 人体の構造と機能および疾病
[7] 心理学理論と心理的支援
[8] 社会理論と社会システム
[9] 現代社会と福祉
[10] 地域福祉の理論と方法
[11] 福祉行財政と福祉計画
[12] 社会保障
[13] 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
[14] 低所得者に対する支援と生活保護制度
[15] 保健医療サービス
[16] 権利擁護と成年後見制度



関連ページ
精神保健福祉士
精神保健福祉士の講座・スクール情報
精神保健福祉士国家試験 合格率

スポンサーリンク

シェアする

フォローする