社会福祉士国家試験 合格率

回数受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
第1回1,03318017.4
第2回1,61737823.4
第3回2,56552820.6
第4回3,30987426.4
第5回3,88692423.8
第6回4,6981,04922.3
第7回5,8871,56026.5
第8回7,6332,29130.0
第9回9,6492,83229.4
第10回12,5353,46027.6
第11回16,2064,77429.5
第12回19,8125,74929.0
第13回22,9626,07426.5
第14回28,3298,34329.5
第15回33,4529,80029.3
第16回37,65710,73328.5
第17回41,04412,24129.8
第18回43,70112,22228.0
第19回45,02212,34527.4
第20回45,32413,86530.6
第21回46,09913,43629.1
第22回43,63111,98927.5
第23回43,56812,25528.1
第24回42,88211,28226.3
第25回42,8418,05818.8
第26回45,57812,54027.5
第27回45,18712,18127.0
第28回44,76411,73526.2
累計740,871204,39927.6

社会福祉士国家試験の受験者・合格者の推移
・受験者数は44,764人と前回に比べ423人減少した。

・合格者数は11,735人と前回に比べ446人減少した。

スポンサーリンク

合格基準
第28回社会福祉士国家試験 合格基準
次の2つの条件を満たした者を合格者とする。

(1) ア 総得点150点に対し、得点88点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)

 イ 試験科目の一部免除を受けた受験者
   (社会福祉士および介護福祉士法施行規則第5条の2)
総得点67点に対し、得点38点以上の者(総得点の60%程度を基準とし、問題の難易度で補正した。配点は1問1点である。)

 
(2) (1)のアまたはイを満たした者のうち、(1)のアに該当する者にあっては[1]から[18]の18科目群、イに該当する者にあっては[12]から[18]の7科目群すべてにおいて得点があった者。

[1] 人体の構造と機能および疾病
[2] 心理学理論と心理的支援
[3] 社会理論と社会システム
[4] 現代社会と福祉
[5] 地域福祉の理論と方法
[6] 福祉行財政と福祉計画
[7] 社会保障
[8] 障害者に対する支援と障害者自立支援制度
[9] 低所得者に対する支援と生活保護制度
[10] 保健医療サービス
[11] 権利擁護と成年後見制度
[12] 社会調査の基礎
[13] 相談援助の基盤と専門職
[14] 相談援助の理論と方法
[15] 福祉サービスの組織と経営
[16] 高齢者に対する支援と介護保険制度
[17] 児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度
[18] 就労支援サービス、更生保護制度

 
 
関連ページ
社会福祉士
社会福祉士の講座・スクール情報
社会福祉士国家試験 合格率

スポンサーリンク

タイトルとURLをコピーしました