視能訓練士

視能訓練士とは?、資格の種類、仕事内容、将来性、就職先、視能訓練士に関連する資格・仕事など、視能訓練士に関する情報を詳細に紹介しています。

[adsense_link]

視能訓練士とは?視能訓練士の将来性・就職先など

資格の種類

国家資格   ※業務独占資格

 
※業務独占資格とは、特定の業務を行うために取得が必要な資格のこと

 

視能訓練士とは?

視能訓練士とは、眼科医師の指示の下、視力・眼圧・視野などの視機能検査や、斜視・弱視といった両眼視機能障がいの検査を行ってデータを作成し、機能回復のための矯正訓練を行う眼科検査のスペシャリストです。

 
訓練の相手で子供や老人に向かいあうことが多いこと、検査に正確さが求められること、細やかな心遣いが必要とされる仕事で、実際の有資格者の大半は女性です。

 
視能訓練士は、女性がめざしやすい職業の一つであるといえます。

 

仕事内容

視能訓練士の主な仕事内容はこちらです。

眼科一般検査 (眼科診療に係わる視能検査全般)

「眼」は複雑な器官であるため、多くの検査があります。

 
視能訓練士は眼科医と協力して、多岐にわたる視機能について、さまざまな眼科医療機器を使って検査し、正確な検査データを基に、診断・治療方針を決定します。

 
具体的には、主に以下のような検査を担っています。

 
視力検査、屈折検査、眼圧検査、視野検査、眼底・前眼部の写真撮影および解析、角膜形状検査、電気生理検査、超音波検査など

 

視能矯正 (弱視・斜視などの訓練指導)

立体的に物を見る両眼視機能に障害を持つ斜視の患者さんや、生まれつき強い屈折異常・斜視が原因でメガネでは視力矯正が不十分な弱視の患者さんに、視機能回復を目的とした矯正訓練の指導を行います。

 
両眼視能検査、眼筋機能検査、斜視訓練、弱視訓練、精密屈折検査など

 

検診業務 (集団検診における視機能スクリーニング)

眼疾患の予防には早期発見、早期治療が大切です。

 
また、生活習慣病が、眼科検診から見つかることもあります。

 
視機能異常の早期発見・早期治療のため、病院だけでなく、保健所・学校・職場などで集団検診を行い、各種検診において視機能スクリーニングを行います。

 
特に普段から小児の視能検査を行い、子どもに慣れている視能訓練士は3歳児健康診査などで大活躍しています。

 
3歳児健康診査、就学時健康診査、生活習慣病検診など

 

視力低下者のリハビリ指導

高齢化社会、生活習慣病の蔓延などに伴い、視機能が十分に回復しない方が増えています。

 
治療や訓練では回復困難な視覚になった時、残存視機能を最大限活用し、QOL(※1)を高めるロービジョンケア(※2)を開始し、様々な補助具に関する情報を提供します。

 
個々のニーズに応じてルーペなどの補装具や拡大鏡・拡大読書器などの補助具の選定とその使用に関する指導を行います。

 
拡大鏡、拡大読書器、単(双)眼鏡、遮光眼鏡など

 
(※1)quality of life(生活の質)

(※2)視覚に様々な障害を持った方の持っている視機能を最大限に活用し、生活の質をできるだけ元のレベルにまで高めること

 

将来性

高齢社会を迎え、緑内障や糖尿病網膜症などの視機能障害者が増加しています。

 
また、パソコンやテレビゲーム、携帯電話などの使用により、現代人ならではの眼の病気も増加しており、視能訓練士への需要はますます高まっています。

 

就職先

  • 眼科 (大学病院、総合病院、診療所、リハビリ施設など) 9割以上
  • 教育・研究機関 (大学・専門学校)
  • 障害者福祉施設
  • レーシッククリニック
  • 医療機器関連業・医薬業関連企業
  • 眼科関連企業 など

 
視覚障害者のリハビリ施設や大学・専門学校などの教育・研究機関で活躍する視能訓練士もいます。

レーシッククリニックで働く、眼科関連の民間企業に勤務する視能訓練士もだんだん増えています。

 

資格取得方法

年1回実施される「視能訓練士国家試験」を受験し、合格すれば、資格が取得できます。
 

第47回 視能訓練士国家試験
視能訓練士法(昭和46年法律第64号。以下「法」という。)第11条の規定により、第47回視能訓練士国家試験を次のとおり施行する。 第47回 視能訓練士 国家試験の詳細 試験日 毎年1回の実施(2月下旬)...
視能訓練士になるには
視能訓練士になるには、視能訓練士の合格・資格取得から就職までの流れ、を詳細に紹介しています。 視能訓練士になるには 毎年1回実施される「視能訓練士国家試験」に合格しなければいけません。 視能訓練...

 

視能訓練士に関連する資格・仕事

 

お問い合わせ

厚生労働省医政局医事課試験免許室
〒100-8916
東京都千代田区霞が関1丁目2番2号
TEL:03-5253-1111(内線2574、2575、4143)
FAX:03-3503-3559

 
視能訓練士国家試験臨時事務所
〒103-0027
東京都中央区日本橋1丁目20番5号
TEL:03-5200-5861

 

タイトルとURLをコピーしました