第二種衛生管理者

仕事内容
衛生管理者には、第一種衛生管理者と第二種衛生管理者があります。

衛生管理者の「第一種免許」と「第二種免許」の違いは、衛生管理者として就くことのできる業種の違いです。

免許の種類 衛生管理者として就くことのできる業種
第一種 全業種
第二種 下記の業種を除く全業種
農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、
運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業

衛生管理者とは、労働安全衛生法に基づく国家資格で、職場における労働者の健康の管理確保と、安全で快適な職場環境作りを行う専門家です。

具体的には、
・労働者の危険または健康障害を防止するための措置に関すること
・労働者の安全または衛生のための教育の実施に関すること
・健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関すること
・労働災害の原因の調査及び再発防止に関すること
など

総務・労務部門のスペシャリストとして活躍できます。

将来性
労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員が働く事業場では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。
ところが、実際には有資格者の絶対数が不足しています。
だからこそ今が資格取得のチャンスです。

多くの企業から必要とされている社会的ニーズの高い資格であり、将来的にもとても有利な資格です。

事業場の労働者数 選任が必要な衛生管理者数
50~200人 1人以上
201~500人 2人以上
501~1000人 3人以上
1001~2000人 4人以上
2001~3000人 5人以上
3001人~ 6人以上

スポンサーリンク

就職先
企業の総務・労務部門で、衛生管理業務を行います。

第二種衛生管理者は、危険有害業務との関連が薄い情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができます。

※第二種衛生管理者が衛生管理者として就くことのできる業種は、下記の業種を除く全業種です。
農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業

資格取得方法
公益財団法人 安全衛生技術試験協会が実施する「第二種衛生管理者免許試験」を受験し、合格することにより、資格が取得できます。

受験資格
次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。

・大学、短大、高専卒の場合は実務経験1年以上

・高校卒の場合は実務経験3年以上

・学歴に関係なく実務経験10年以上
など

※なお、保健師、薬剤師等は無試験で衛生管理者の免許を受けることができます。

試験科目・試験範囲・出題数(配点)・試験時間・出題形式・合格基準
■試験科目
・労働衛生
有害業務に係るもの以外のもの:10問(100点)

・関係法令
有害業務に係るもの以外のもの:10問(100点)

・労働生理:10問(100点)

■試験範囲
・労働衛生:衛生管理体制、作業環境要素(有害業務に係るものを除く)、作業環境管理(有害業務に係るものを除く)、作業管理(有害業務に係るものを除く)、健康管理(有害業務に係るものを除く)、健康の保持増進対策、労働衛生教育、労働衛生管理統計救急処置、有害業務に係る労働衛生概論

・関係法令:労働基準法及び労働安全衛生法並びにこれらに基づく命令中の関係条項(有害業務に係るものを除く)

・労働生理:人体組織及び機能、環境条件による人体の機能の変化、労働による人体の機能の変化、疲労及びその予防、職業適性

■出題数:労働衛生10問+関係法令10問+労働生理10問=計30問

■配点:労働衛生100点+関係法令100点+労働生理100点=計300点

■試験時間:13:30~16:30(3時間)

■出題形式:筆記形式、五肢択一、マークシート方式

■合格基準:それぞれの試験科目(範囲が分かれているものはそれぞれの範囲)ごとの得点が配点の40%以上であり、かつ全科目の合計得点が満点の60%以上である場合、合格となります。

試験日
全国7ブロックに分けられている、各地域の安全衛生技術センターにて、毎月1~3回の割合で行われています。
ただし、試験実施日は各地域によって異なります。

試験地
全国7か所の安全衛生技術センター
(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州)

試験手数料
6,800円

合格率
・68.5% (平成20年度:受験者数 27,966人、合格者数 19,159人)
・67.6% (平成21年度:受験者数 26,821人、合格者数 18,141人)
・65.7% (平成22年度:受験者数 25,403人、合格者数 16,697人)
・62.2% (平成23年度:受験者数 25,950人、合格者数 16,140人)
・66.2% (平成24年度:受験者数 26,960人、合格者数 17,835人)
・67.3% (平成25年度:受験者数 26,555人、合格者数 17,878人)
・69.3% (平成26年度:受験者数 25,069人、合格者数 17,365人)

※過去の第二種衛生管理者免許試験 合格率はこちらから

学習方法
各スクール(学校)が開催している「衛生管理者養成講座」を受講して試験合格をめざす方法が一般的です。

講座・スクール情報
衛生管理者の講座・スクール情報の詳細はこちらから

お問い合わせ
公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065
東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
TEL:03-5275-1088

関連ページ
第一種衛生管理者
第一種衛生管理者免許試験 合格率
第二種衛生管理者
第二種衛生管理者免許試験 合格率
衛生管理者の講座・スクール情報

スポンサーリンク

シェアする

フォローする