第二種衛生管理者

第二種衛生管理者とは、第二種衛生管理者の将来性、就職先、第二種衛生管理者試験の概要・合格率、第二種衛生管理者試験の勉強方法などを詳細に紹介しています。

第二種衛生管理者とは

衛生管理者とは、労働安全衛生法に基づく国家資格で、職場における労働者の健康の管理確保と、安全で快適な職場環境作りを行う専門家です。

 
衛生管理者は、

  1. 労働者の危険または健康障害を防止するための措置に関すること
  2. 労働者の安全または衛生のための教育の実施に関すること
  3. 健康診断の実施その他の健康の保持増進のための措置に関すること
  4. 労働災害防止の原因の調査および再発防止対策に関すること

などのうち衛生に関する技術的事項の管理を行います。

 
総務・労務部門のスペシャリストとして活躍できます。

 
衛生管理者には、第一種衛生管理者と第二種衛生管理者があります。

衛生管理者の「第一種免許」と「第二種免許」の違いは、衛生管理者として就くことのできる業種の違いです。

第一種衛生管理者として就くことのできる業種

全業種

第二種衛生管理者として就くことのできる業種

下記の業種を除く全業種

農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業

 

資格の種類

国家資格

主催団体:厚生労働省

 

将来性

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員が働く事業場では、衛生管理者を1人以上置くことが義務づけられています。

ところが、実際には有資格者の絶対数が不足しています。

だからこそ今が資格取得のチャンスです。

多くの企業から必要とされている社会的ニーズの高い資格であり、将来的にもとても有利な資格です。

事業場の労働者数選任が必要な衛生管理者数
50~200人1人以上
201~500人2人以上
501~1000人3人以上
1001~2000人4人以上
2001~3000人5人以上
3001人~6人以上

 

就職先

企業の総務・労務部門で、衛生管理業務を行います。

 
第二種衛生管理者は、危険有害業務との関連が比較的薄い情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができます。

 
第二種衛生管理者が衛生管理者として就くことのできる業種は、下記の業種を除く全業種です。

農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業、清掃業

スポンサーリンク

第二種衛生管理者試験の概要

公益財団法人 安全衛生技術試験協会が実施する「第二種衛生管理者試験」を受験し、合格することにより資格が取得できます。

第二種衛生管理者試験の受験資格、試験科目、試験時間、試験日、試験手数料、合格率などをまとめました。

試験日

全国7ブロックに分けられている、各地域の安全衛生技術センターにて、毎月1~3回の割合で行われています。

ただし、試験実施日は各地域によって異なります。

 

試験地

全国7か所の安全衛生技術センター
(北海道、東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州)

 

受験資格

次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。

  1. 大学、短大、高専卒の場合は実務経験1年以上
  2. 高校卒の場合は実務経験3年以上
  3. 学歴に関係なく実務経験10年以上 など

なお、保健師、薬剤師などは無試験で衛生管理者の免許を受けることができます。

 

試験科目・出題数・配点

試験科目出題数配点
労働衛生(有害業務に係るものを除く。)10問100点
関係法令(有害業務に係るものを除く。)10問100点
労働生理10問100点

 

試験時間

13:30~16:30(3時間)

科目免除者は13:30~15:45(2時間15分)

 

試験手数料

6,800円

 

第二種衛生管理者試験 合格率(5年分)

年度受験者数(人)合格者数(人)合格率(%)
平成25年度26,55517,87867.3
平成26年度25,06917,36569.3
平成27年度25,71616,98366.0
平成28年度29,18616,18955.5
平成29年度31,53717,30254.9

関連記事第二種衛生管理者試験 合格率

第二種衛生管理者の合格率・受験者数・合格者数、合格率の推移など
第二種衛生管理者 合格率の情報。平成29年度第二種衛生管理者の合格率は54.9%、受験者数31,537人、合格者数17,302人。平成17年度~平成29年度の第二種衛生管理者の合格率・受験者数・合格者数と合格率の推移(二軸グラフ)を詳細に紹介。

 

お問い合わせ先

公益財団法人 安全衛生技術試験協会
〒101-0065
東京都千代田区西神田3-8-1 千代田ファーストビル東館9階
TEL:03-5275-1088
https://www.exam.or.jp/

 

第二種衛生管理者試験の勉強方法

勉強方法は「独学で勉強する」「通信講座で勉強する」があります。

独学で勉強するなら「過去問」を全正解できるまで何回も解きましょう

衛生管理者試験は全科目で4割以上の得点をし、かつ全体で6割以上の得点をすると合格になります。

衛生管理者試験は、過去問と似たような問題が何問も出題されます。(試験問題のパターン化)

 
過去問が繰り返し出題されやすい衛生管理者試験では、多くの本試験問題をこなすことが合格への最短距離です。

 
「過去問題」6回分、徹底研究したオリジナル「予想問題」4回分、合計10回分の問題集です。

過去問8回分(平成26年後期~平成30年前期)の問題集です。

過去問7回分の問題集です。

 

「通信講座」でスキマ時間に効率よく勉強する

当記事では、おすすめの通信講座としてユーキャンの「衛生管理者講座」をご紹介します。

 
ユーキャンで学ぶメリットは、

  1. 出題頻度のランク分け、イラストや図表などで効率よく学べる
  2. 分からないことは知識豊富な講師陣に気軽にメールで質問できる
  3. 個別アドバイス付きの添削サポートで合格力アップ!
  4. 独学では手に入りにくい法改正などの情報をいち早く知ることができる

などがあります。

 
(1)のメリットは通信講座だけではなく、独学にも当てはまり「過去問」を解きながら効率よく出題傾向や出題ポイントを学ぶことができます。

(2)(3)(4)は独学にはないメリットです。「ひとりで学習するのは心配…」という方も、安心して学習に取り組める通信講座ならではのメリットです。