臨床検査技師

資格の種類
国家資格  ※業務独占資格


※業務独占資格とは、特定の業務を行うために取得が必要な資格のこと



臨床検査技師とは?
「臨床検査技師」の資格は、医療の高度化による専門的な技術や知識を必要とする検査方法の開発を受け、誕生しました。


臨床検査技師は、医師の指示の下に、微生物学的検査、血清学的検査、血液学的検査、病理学的検査、寄生虫学的検査、生化学的検査および厚生労働省令で定める生理学的検査を行う医学検査のエキスパートです。



仕事内容
臨床検査技師の仕事内容は、検査方法により大きく2種類に分けられます。


■生体検査(生理学的検査):身体に器具を装着して直接情報を得ます。
・心臓系検査心電図検査
・超音波検査(エコー)
・呼吸機能検査
・MRI検査(磁気共鳴画像検査)
・熱画像検査(サーモグラフィ)
・脳波検査
・眼底写真検査


■検体検査:血液や尿、便などの検体を使って病状や状態を把握する検査です。
・尿や便などの一般検査
・血液検査
・生化学検査
・免疫血清検査
・病理細胞検査
・微生物検査
・遺伝子検査
・輸血・臓器移植検査



将来性
検査機器の高度化・自動化が進むなか、機械にはできない複雑な業務に対応できる、高度な技術をもった臨床検査技師が求められるようになってきています。


今後も医学検査技術の進歩発展にともなって仕事の幅が広がり、需要が増していくことは間違いありません。

スポンサーリンク

就職先
臨床検査技師は、病院などの医療機関をはじめ、衛生研究所、検診センター、医療センター、大学や製薬会社の研究室など、活躍の場は幅広いです。


・病院
・クリニック、健診センター
・臨床検査センター
・治験関連企業(治験コーディネーター(CRC)、臨床開発モニター(CRA))
・医療機器メーカー など



臨床検査技師に関連する資格・仕事
臨床工学技士

診療放射線技師



関連ページ
臨床検査技師
臨床検査技師になるには
臨床検査技師 国家試験
臨床検査技師 国家試験 合格率
臨床検査技師 大学・短期大学・専門学校

スポンサーリンク

シェアする

フォローする