実務者研修

スポンサーリンク
平成25年度より介護職員基礎研修およびホームヘルパー1級は「実務者研修」へと一本化されました。
 
「実務者研修」とは、介護職員の質の向上と、複雑だったキャリアアップの仕組みを一本化するためにできた新しい研修です。

実務者研修は、介護職員初任者研修の上級資格です。

実務者研修の仕事内容は、介護職員初任者研修とほぼ同じですが、介護サービスの質の向上やチームの育成などを担う「サービス提供責任者」や現場のリーダー「施設長候補」として活躍できます。

 
※サービス提供責任者とは?
ケアマネジャーの作成したケアプランに基づいた訪問介護計画書の作成をはじめ、ヘルパーの管理・指導・育成、訪問介護サービスに伴う管理業務など多岐に渡り、現場の身体介護・生活援助も兼務するなど、頼れる存在です。

介護員をはじめとし、医療職や他の職種との連携を進めていくうえで、介護現場では欠かせないキーパーソンとして期待されています。

これまでは、「介護職員基礎研修」や「介護福祉士」の資格が必要でしたが、新たに実務者研修修了者もサービス提供責任者になれるようになりました。

就職に有利な介護の上級資格で、給与のアップにつながります。

実務者研修の基本情報(受講期間・受講費用など)

資格の種類公的資格(都道府県知事認定資格)
受講資格
(受験資格)
特にありません。
 
学歴・年齢・経験などを問われることなく、どなたでも受講(受験)
できます。
開講時期養成機関(スクール)によって異なります。
受講時間
(取得時間)
50時間~450時間

受講時間(取得時間)は保有資格によって異なります。

  • 無資格:450時間
  • ホームヘルパー2級:320時間
  • 介護職員初任者研修:320時間
  • ホームヘルパー1級:95時間
  • 介護職員基礎研修:50時間
受講期間
(取得期間)
1か月~6か月

受講期間(取得期間)は保有資格によって異なります。

  • 無資格:6か月
  • ホームヘルパー2級:4か月
  • 介護職員初任者研修:4か月
  • ホームヘルパー1級:2か月
  • 介護職員基礎研修:1か月
受講費用 5万円~20万円

受講費用は保有資格によって変わります。

最安値は2万円代~12万円

  • 無資格:約20万円前後
  • ホームヘルパー2級:約15万円前後
  • 介護職員初任者研修:約15万円前後
  • ホームヘルパー1級:約10万円前後
  • 介護職員基礎研修:約5万円前後

保有資格によって受講時間(取得時間)が短くなる分、受講費用は
安くなります。

 

  • 出席できない日の振替制度(補講)がある
  • 夜間コースや土日コースがある

などのサポートがある養成機関(スクール)は、受講費用がやや高め
になる傾向です。

 
もし一番安い講座を探すのであれば、受講費用を一覧で比較できる
資料請求が便利
です。

お問い合わせ各地方自治体の福祉担当課

実務者研修の取得方法

(1)各地方自治体や養成機関(スクール)が主催している実務者研修講座を受講する

講座の受講スタイルは「通学講座」「通信+通学併用講座」の2つ。

多くのスクールで「通信+通学併用型」の講座を用意しています。

  • 通信:自宅でテキストを使って学習。レポートの提出課題あり。
  • 通学:実務者研修を修了するには通学が必要。通学日数は2日~10日前後。

    
(2)講座の全課程修了
    
(3)修了試験(筆記試験+実技試験)

修了試験の実施は義務付けられていません。修了試験の有無はスクール(養成機関)によって異なります。
    
(4)実務者研修の取得

 
お持ちの資格により大きく異なりますが、介護職員基礎研修修了者は1か月、無資格(未経験)でも6か月で実務者研修の資格取得が見込めます。

 
介護職員初任者研修 ※
  
実務者研修
  
介護福祉士
  
ケアマネジャー・認定介護福祉士、と介護職のエキスパートとしてキャリアアップすることが可能です。

※実務者研修 → 介護福祉士 → ケアマネジャー、とはじめから実務者研修の取得をめざすこともできます。
介護職員初任者研修を修了していなくても受講することができます。

実務者研修のカリキュラムと受講時間

実務者研修を通信+通学併用コースで修了をめざす場合のカリキュラムの科目名と受講時間はこちらになります。(受講時間は保有資格によって異なります。)

実務者研修のカリキュラムは全20科目。

  • 通信学習(テキスト学習):19科目
  • 通学学習(スクーリング):1科目

↓実務者研修の免除科目と受講時間の詳細(保有資格別)はこちら

通信学習(テキスト学習)

科目名受講時間
人間の尊重と自立5時間
社会の理解 I5時間
社会の理解 II30時間
介護の基本 I10時間
介護の基本 II20時間
コミュニケーション技術20時間
生活支援技術 I20時間
生活支援技術 II30時間
介護過程 I20時間
介護過程 II25時間
発達と老化の理解 I10時間
発達と老化の理解 II20時間
認知症の理解 I10時間
認知症の理解 II20時間
障害の理解 I10時間
障害の理解 II20時間
こころとからだのしくみ I20時間
こころとからだのしくみ II60時間
医療的ケア50時間
合計405時間

通学学習(スクーリング)

科目名受講時間
介護過程 III45時間
医療的ケア(演習)12時間
合計57時間

実務者研修の免除科目と受講時間は保有資格によって変わります

実務者研修の総受講時間は450時間ですが、お持ちの資格によって、下記の通り受講時間が免除されます。
・無資格者:450時間
・ホームヘルパー2級・介護職員初任者研修 修了者:320時間
・ホームヘルパー1級 修了者:95時間
・介護職員基礎研修 修了者:50時間

授業内容時間数ヘルパー2級ヘルパー1級介護職員基礎研修
人間の尊厳と自立5時間
社会の理解 I5時間
社会の理解 II30時間
介護の基本 I10時間
介護の基本 II20時間
コミュニケーション技術20時間
生活支援技術 I20時間
生活支援技術 II30時間
介護過程 I20時間
介護過程 II25時間
介護過程 III45時間
発達と老化の理解 I10時間
発達と老化の理解 II20時間
認知症の理解 I10時間
認知症の理解 II20時間
障害の理解 I10時間
障害の理解 II20時間
こころとからだのしくみ I20時間
こころとからだのしくみ II60時間
医療的ケア50時間
実務者研修受講時間数450時間320時間95時間50時間

※◯=免除科目 -=履修科目

タイトルとURLをコピーしました